ベイビーサポートの効果

ベイビーサポートの効果

 

様々な方法を用いて、男女どっちかの生まれる確率を上げる事を産み分け法と呼んでいます。

 

産み分け法については賛否両論ある事から、医学界でも前向きに考る時と好ましくないと思われる時に分かれていると言われていますが、現在の産み分け法の確率を見てみると、70%から80%の間で成功しているとも言われています。

 

その上、産み分け法は、男の子の方が成功しやすいとも言われていますが、貴女は産み分け法のメカニズムをしっかりと認識できていますか?

 

今日は、産み分け法のメカニズムをもとに、ベイビーサポートの男女産み分け効果とその理由についてお話ししたいと思います。

 

最初に、ベイビーサポートとは、女性の膣内にゼリーを挿入し、PH調整を行う事により男女産み分けの確率を向上させるサポートを行う商品です。

 

使い方は非常に簡単で、性行為の直前で挿入します。

 

ベイビーサポートには「ボーイ」と「ガール」の2種類がありますが、ご家族がどっちを望んでいるかによって商品が分かれてきます。

 

男性の精子の染色体はYとXが影響し、簡単に説明するとYは男の子、Xは女の子となります。

 

Yの精子は、アルカリ性に強い事から膣内の環境をアルカリ性に維持する事により活発に動くようになり、Xの精子は酸性に強い事から、膣内の環境を酸性に維持する事により活発に動くようになります。

 

このメカニズムを応用し、産み分け法を行うのが、ベイビーサポートの特徴です。

 

実際に、ベイビーサポートを実践している方の口コミをいくつか見る事ができましたが、口コミの中では高い確率で産み分け法に成功している場合が多く、うれしい結果を得られているとの事でした。

 

しかし、産み分け法の確率は、70%から80%と言われているため、どんなに頑張っても求める結果が得られない時もあります。

 

しかも、ベイビーサポートだけではなく、産み分けに必要な知識を用いて、併用する事により確率を向上させる事ができるとも言われています。

 

一例を挙げれば、女の子がほしいと考えた場合、Xの精子はYの精子よりも寿命が長い事がわかっているため、排卵日2日ほど前に性行為を行い、その後の性行為については避妊が推進されています。

 

そして、産み分け法を推進している医者の間では、精子を溜めた状態ではなく、程よく薄めた状態で使用するのが好ましいため、排卵日5日前には一度射精しておくのが良いと言われています。

 

男の子がほしい場合は真逆で、精子は濃い状態で性行為に望むのが好ましいと言われています。

 

このような知識とともに、ベイビーサポートを使用する事により、より産み分け法が成功しやすくなるとも言われているので、今後実践しようと考えている方は参考にして下さい。

 

その上、ベイビーサポートを産み分け法に利用するときに大切となってくるのが排卵日の予見です。

 

ベイビーサポートを利用しながら基礎体温計や、排卵日チェッカーを併用するのがおすすめですよ。

 

 

 

page top